自分の腕を試せるフリーエンジニアになろう

貿易の仕事のための資格

面接

難易度を考えるべきです

これからでも貿易に関する仕事をしていこうとしている場合、貿易実務検定の資格を取得して、有利に就職活動をしていくのをおすすめします。この貿易実務検定は3段階の難易度が設定されているわけですが、C級を受ける際にも注意すべきことがあるわけです。それはその難易度なのです。なぜなら、C級でも年度によっては合格率が40%のときもあり、簡単に合格可能とは言えないからです。したがって一番下の難易度だからと侮らずに、問題集をきっちりこなしたり取得のための講座を受けるといった努力をしておくのをおすすめします。ただ、貿易実務検定の40%前後の合格率もあまり勉強をせずに受けた人もいると考えられるので、きっちり学習した人だけで率を計測すればまた違うともいえるのです。

C級も役立ちます

貿易実務検定という資格は、それぞれの難易度毎にどれくらいの業務能力を有しているか決められています。なので、あなたの望む仕事に就けるほどの難易度の級を取れるまで挑戦すると良いでしょう。ちなみにc級でも、定型業務をこなす知識があることの証明になるとされているわけです。したがって、貿易関係の仕事に就くこと自体が初めてで何の実務経験もない人は、この資格を取って面接に臨むのを推奨します。そして実際に仕事に就いていろいろな学習をしていくことで、BやAといった上のランクの級も取得し易くなることでしょう。それに、貿易実務検定の上のランクの級を得ておくことで、仕事のステップアップも効率的に出来るのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加